鳥取白イカ釣り時期はいつ?


スポンサーリンク

 

白いか

 

 

 

白いか画像

 

鳥取県の白いかは夏を代表する味覚の一つです。
夏の夜、一本釣りで釣り上げられるケンサキイカを地元の呼び名で白いかと呼ばれています。

 

 

 

 

【季 節】

 

夏の味覚という事で、7月から8月が一番おいしい季節です。
最近では水揚げ量が減ってきているそうなので、山陰へ行く事があればぜひ一度食べて頂きたい一品です。

 

 

 

【栄 養】

 

イカには疲労回復やコレステロール低下に効くタウリンや、筋力の強化に重要なたんぱく質などたくさんの栄養が含まれています。
また、イカによるダイエット効果も報告されており若い女性を中心に注目を集めています。

 

 

 

【食 べ 方】

 

鮮度が良い時は、皮が透け内臓が見えるくらいの透明感があります。
また、こりこりとした食感も新鮮なうちは一段と強く感じる事が出来るのでお刺身で食べるのが一番贅沢な食べ方です。
郷土料理として有名な煮つけもおすすめです。
醤油と砂糖で甘辛く味付けしており、食感を残したまま本来の味とはまた違った旨味を味わえます。
また、捕れたての透き通ったイカも美味しいですが通の間では数日間寝かせてから食べた時に感じる甘みと柔らかさが人気です。
・お刺身
・里芋との煮つけ
・イカ飯
・イカとねぎのぬた
・塩辛
数え上げればきりがありません。
ですがやっぱり一番は新鮮なものをお刺身で頂くのが最高の贅沢と言えるのではないでしょうか。白イカはイカの中のトロとも表現される程の味わいがあります。

 


スポンサーリンク

 

 

【観光の目玉】

 

場所が違えば多少のずれは生じますが、イカの獲れる時期は大体夏から秋にかけてだと言われています。
この時期、「夜の海でキラキラ光る漁火にイカが集まって来たところを釣り上げる」そんな体験を観光の目玉にしているのが鳥取県です。
観光客が漁船に乗り込み自らの手でイカを釣り上げてそれを持ち帰れるのですから貴重な体験です。
船酔いする人にはちょっとキツイかもしれませんが、お子さんには特に良い経験になるのではないでしょうか。
夜の海の漁になりますので、必ず保護者同伴での参加が必須です。

 

 

 

【漁  場】

 

漁場としては鳥取県や京都府が有名です。
毎夜たくさんの漁船が出向していく姿は壮観です。
夜、漁を終え帰ってきた船にはたくさんのイカが積まれています。それがすぐに朝市や近くのお店に並ぶのですからぜひとも訪れて食してみたいものです。

 

 

ボタン【職人も愛する一品】
数あるイカの中でも甘みは一級品と称されています。
すし飯に負けない甘み。大振りで濃厚なとろみ。
寿司職人が好んで使うイカとしても知られています。

 

 

 

【忘れられない味】

 

一度食べたらその食感と甘みは忘れられません。
実際、新鮮な白いかを食べるが為に県外から毎年のように鳥取県を訪れる熱烈なファンが後を絶ちません。それ程他のイカとの違いが大きいのです。
地元では白イカの麹漬けというのもあって御飯との相性は抜群です。

 

最近では各地の名産品がインターネットを通じて販売されていますが、やっぱり生ものに限っては旬の時期に捕れたてをその場で食べるのが一番の贅沢です。
鳥取県では観光協会が中心となり、いつ頃から食べられるか。どこのお店で食べられるか。など、白いかの情報を随時発信しています。
下調べをしてぜひ旬の名産品を食べに行ってみませんか?

 

お取り寄せも可能です。
ご自宅でも美味しくいただけます。

 

イカの中の最高級品!鳥取県産白いか「楽天」

関連ページ


スポンサーリンク