鳥取県産ブランド天然岩牡蠣・夏輝(なつき)


スポンサーリンク

 

鳥取県産・岩牡蠣 夏輝(なつき )

 

 

 

岩牡蠣画像

 

「天然岩牡蠣 夏輝(なつき)」は、鳥取県が産地のブランド岩牡蠣です。

 

この「夏輝(なつき)は、鳥取県が初めて商標登録とした生産物です。ということで鳥取県全体で力を入れていて、
この岩牡蠣のブランドをつくるため、鳥取が産地の天然岩牡蠣の中でも、殻の長さ13cm以上で、「平がた形」の岩牡蠣だけが
「夏輝」のブランド帯をすることが許されている、貴重な牡蠣です。

 

「夏輝」ブランドの牡蠣のなかでも、重量が500g以上という大変大きい天然岩牡蠣が、「ボンベ牡蠣」です。
この牡蠣を摂るには海の約15メートルほどの深度まで素潜りで行く必要があり、この漁ができる人も少ないために、たいへん希少価値が高い天然岩牡蠣になっています。

 

ところで、この牡蠣の旬はいつなのでしょうか。
牡蠣と言えばだいたい冬〜春に食べているという人も多いでしょう。
しかし、この「夏輝」はその名の通り「夏」が旬になります。

 

夏輝の牡蠣は夏になっての海水の温度が上がると、肉厚の身にこってりとしたミルクを蓄えて、驚くべき成長ぶり
せます。

 

「海のミルク」とも言われている牡蠣ですが、牡蠣は美味しいだけでなく、
栄養価がよいので、まさに夏輝の旬である夏バテ予防にもぴったりなんです。

 

夏季限定で朝採れ生食用岩牡蠣夏輝お取り寄せできます。

 

鳥取県産特大岩牡蠣夏輝なつきをお取り寄せ「楽天」

 

また、牡蠣のとろっとしたクリーミーな甘味は、牡蠣にたくさん含まれているグリコーゲン
のためです。グリコーゲンは消化がよいので牡蠣を生で食べてもお腹がもたれないのです。

 

さらに、鳥取県が位置する中国地方の大山は、水が美味しいことで有名ですね。
この自然ろ過された天然ミネラルをたくさん含んだ水が、川から日本海に流れていき、
この地方の海産物の美味しさにつながっているのです。

 

また、鳥取県では安心と安全のために、菌やウイルスなどの、この地方の海域の海水検査を定期的に実施しています。

 

「夏輝」の味のほうは、身がプリプリでとろけるような濃厚なうまみを持ち、口の中でプルプルと
身が踊るような感触があり、食べ応えも満点です!

 

地元産地の岩牡蠣を知り尽くした漁師がおすすめする食べ方は、生のままの岩牡蠣にレモンを絞り、ひとくちで頬張る食べ方だそうです。
ですから、わずかな旬の時期に、岩牡蠣 夏輝を食べる時にはぜひとも漁師おすすめの方法で一口に食べたいものです。

 

関連ページ


スポンサーリンク