鳥取の砂丘長芋ねばりっこ


スポンサーリンク

鳥取砂丘長いも

 

 

 

砂丘長芋画像

 

長芋といえば北海道や青森県を思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし鳥取県、しかも砂丘で長芋の栽培が行われている事を皆さんご存知でしょうか?
「砂丘長いも」としてご自宅用のみならず、贈答用としても喜ばれている一品です。

 

 

 

 

【特 徴】

 

名前の通り砂丘で栽培がされています。
砂地で栽培されているので、肌がきれいでまっすぐ長く成長するのが特徴です。

 

 

 

【栄 養】

 

長いもはカリウム、カルシウム、たんぱく質を多く含んでいます。
この為高血圧や動脈硬化の予防に有効な食材と言われています。それでいて、ジャガイモのように糖質やエネルギーが高くありません。
鳥取県産の砂丘長いもは一般的な長芋よりも更に低カロリーとなっており、ダイエット中の女性やカロリー制限の必要な方にも喜ばれています。
たんぱく質が豊富で、あのネバネバの原因となるムチンという栄養素が特徴です。
このムチンですが、火には弱く焼いたりして熱を加えると消えてしまいます。
他には消化酵素が多く含まれているので胃腸の具合が悪い時に食べると消化を助けてくれます。

 

 

 

【食 べ 方】

 

長いもはどんな料理にも合う栄養満点の万能食材です。
・すりおろしてとろろに
・切って焼きステーキに
・こんにゃくなどと炊き合わせて
・すりおろし、野菜やミンチと揚げる
・グラタンの具として
他にもたくさん出てきます。
このように和・洋・中と調理方法を選びません。
様々な料理の主食から肴まで様々な姿に変わります。
主婦の皆さんには腕の振るい甲斐のある食材ではないでしょうか。

 


スポンサーリンク

 

 

【注目の存在】

 

中心的な生産地である北海道・青森県以外でも、県の名産品として売り出している県があります。
それは鳥取県です。
土地の特徴である砂丘地を利用して栽培を行っています。
砂地での栽培はまっすぐ長く育つのが特徴で表面も綺麗です。その美しい姿に多くの人が魅了され、毎年人気を集めています。
今では県の名産品と言えば「砂丘長いも」とすぐに名前が出てくるほど知られる存在となりました。

 

 

ボタン【ねばりっこ】
鳥取県一押しの砂丘長芋。
この砂丘長芋といちょう芋を交配し、新品種が誕生しました。
名前は「ねばりっこ」。
長いもよりも粘りが強く、太短くしっかりしており折れにくいのが特徴です。
味は長芋よりもより甘みとコクが出ています。
砂丘長芋とは全く違ったものとなっているので、磯辺揚げや麦とろ飯など違った味覚を楽しむ事が出来ます。
鳥取県産ねばりっこ「楽天」

 

今では自宅に居ながらその味覚を味わう事が出来ます。
ぜひ一度鳥取県の味覚をご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

一味ちがう鳥取県産の長芋をお家食べたいという方お取り寄せも可能です!

 

鳥取砂丘長芋はこちら「楽天」

関連ページ


スポンサーリンク