鳥取とうふちくわと言えばちむら!


スポンサーリンク

とうふちくわ

 

 

 

とうふちくわ画像

 

「とうふちくわ」とは木綿豆腐と魚肉のすり身を蒸しあげて作られたちくわの事で、鳥取県の郷土料理の一つです。
近年では、カレー味やトマトチーズ味などバラエティに富んだ味付けの商品も出ており、子供からお年寄りまで年代を問わず好んで食されています。

 

 

 

【歴 史】

 

鳥取藩主、池田光仲が漁獲量が少なく貴重だった魚の代わりに大豆で作られた豆腐を食べるよう民衆に勧めたのが始まりだと言われています。
鳥取城の城下町には多くの豆腐店があったとされており、新しい食品として考案され広まった食品です。
現在の鳥取市内には江戸時代から続く業者も数多く存在します。

 

 

 

【食 べ 方】

 

そのまま食べるのが一番美味しいと言う人から、おでんなどの煮込み料理に使うとちくわから出汁が出て旨味が一層引き立つと言う人まで様々です。
お酒好きの人からは生姜醤油に付けて食べれば贅沢な肴になるとこれまた人気です。

 

 

 

【材  料】

 

・豆腐
・魚肉
・でん粉
・砂糖
・食塩
・ぶどう糖
・調味料
上記が代表的な材料です。これらを練り合わせて蒸したものが商品として売り出されています。

 

 

 

【開発された経緯】

 

その昔、魚肉は貴重品として扱われていました。
当時の城主が貴重な魚を使う分量を減らし、尚且つ地元で多く作られていた豆腐を使った製品の開発を豆腐店に指示した事が始まりだと言われています。

 

 

 

 

【お祝い事にも】

 

見た目が白いとうふちくわは日常の食卓の一品のみならず、冠婚葬祭やお土産物として大変人気があります。
お祝い事にかまぼこを使う地方もありますが、それとよく似た感じなのでしょう。
鳥取県のお祝いの席には白いとうふちくわが常識です。

 

ボタン【遊んでいるわけではありません】
なんととうふちくわは楽器としても使われています。
「とうふるーと」と言う名称で笛として演奏されています。
食べ物をそんな使い方するなんて!と思う人もいるかもしれませんが、これは立派な鳥取県発の芸術なのです。

 

 

 

【全 国 へ】

 

「とうふちくわを全国へ発信しよう」と市民団体が発足され、全国的な活動が行われています。町おこしの一環として、B−1グランプリへの出店は2006年の第1回からずっと続けられています。
その甲斐あって着実にとうふちくわの認知度は上がっており、今ではインターネットでの販売やアンテナショップなどでも多く取り扱われています。

 

 

 

【有 名 店】

 

県内で一番有名なのは「ちむら」です。
創業は1865年で、150年の歴史を持つ老舗店です。
【保存料無添加】鳥取県 名物 ちむらのとうふちくわ「楽天」

鳥取県の食文化を守りながら、新しい事も取り入れている企業姿勢は大変素晴らしいものです。
販売商品は目玉品のとうふちくわ以外にもかまぼこや創作天ぷらなど様々です。

 

2002年には新しく製造直売店をオープンさせるなど県内で5ヶ所に店舗を構えています。
直売店では地元の味を皆さんに知ってもらう為に手作り体験コーナーを併設して毎日一般のお客さんに作り方の指南をしています。
自分で作ってその場で焼きたてを食べる事が出来るので、子供から大人まで大変な人気です。ちむらの数ある店舗の中でもここだけでしか体験はできないので、ぜひご予約の上行ってみてください。

関連ページ


スポンサーリンク