おすすめ鳥取皆生温泉菊野家


スポンサーリンク

皆生菊野家

 

 

 

菊野家画像

 

鳥取皆生菊野家は、鳥取県は米子市皆生温泉4丁目29-10にある老舗の旅館でおすすめの温泉の一つです。

 

鳥取県米子市皆生温泉の海辺の宿「皆生菊乃家」は、客室の窓から日本海を一望できるので、まるで、日本海が庭園のようとも言われています。
また、もう一方の客室からは、天気の良い日には大山の壮大な景色を望むことができます。

 

昭和39年1月1日に、この地で初の鉄筋コンクリート式旅館として大きい注目を集めて建てられました。
現在の「皆生菊乃家」に屋号を変えたのが平成元年で、
平成9年10月には4階建ての建物を取り壊し、現在は大幅に新装されています。
.
当旅館は、悠然な海原を一望できる立地に構えており、
館内には生簀を擁して、新鮮な魚の素材・地ものを活かした料理と、
塩湯を掛け流し方式の温泉が特徴です。

 

当皆生菊乃家は、観光などで当館を訪れたすべての方に 「もう一つの我が家」 のようなくつろぎ感を感じて
癒しの時を過ごしていただけるように、たゆまぬ努力を続けています。

 

木肌のすがすがしいやさしさと、おもてなしのあたたかな心で、
なじみの宿に来たような気分になれます。

 

宿泊しているときは、日頃のあわただしい生活を忘れて、存分に羽を伸ばしましょう。

 

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

 

さて、この地域には皆生温泉(かいけおんせん)という温泉があります。
皆生温泉の周囲には東西に1000m、南北に400mの範囲で鳥取皆生菊野家を含めた宿泊施設が集積しています。
収容規模は約5000人であり、これは山陰地方で最大級の数字です。鳥取県の調査によれば、最近は年間で40万人〜50万人の観光客が利用していることになり、
鳥取県の温泉では最大の入湯客を誇っているために、「米子の奥座」や「山陰の熱海」とも言われているのです。

 

当旅館では、四季折々に美しい風景がある美保湾の日本海を望める
自慢の温泉となっており、源泉を掛け流しで、お子様〜年配の方まで、どなたでも安心して
利用できるやさしい温泉です。

 

最適な温度で常に入浴てきるように、温度の管理も気配りしています。
脱衣所は清潔感があり、女性のお客には手ぶらでも不自由しないアメニティグッズを豊富に揃えています。

 

料理は、朝ごはんに力を入れています。1日の始まりである朝ごはんは、とても大事なものです。
楽天トラベルの「朝ごはんフェスティバル」で2年連続魚部門1位になっているほどの自慢の朝ごはんです!

 

旅行なら楽天トラベル

 

利用プランは宿泊プランのみとなっています。
せっかくの宿泊ですから、温泉の合間に周辺の観光も存分に楽しみたいものです。
車を利用の場合には、約2時間ほどで、有名な鳥取砂丘へ足を延ばすことができます。
天気の良い日には、一面に広がる砂丘の景色を満喫できるでしょう。
散策だけでなく、鳥取砂丘ではパラグライダーもできるので、レジャーとしても楽しめる場所です。
他にも、出雲大社までは、片道90分ほどで足を延ばせます。
子供がいる場合、近場での観光がよいでしょう。車で30分ほどで「水木しげるロード」があります。
近隣の観光地も多数あるので、2世代、3世代での旅行、観光の際も全員が楽しめる観光プランを立てられることでしょう。

 

また必ず行きたくなる宿!鳥取皆生温泉菊乃家

 

 

関連ページ


スポンサーリンク