鳥取観光!天体観測を楽しもう佐治アストロパーク


スポンサーリンク

鳥取佐治アストロパーク

 

 

 

佐治アストロパーク画像

 

 

鳥取県の佐治には、「佐治アストロパーク」という1994年7月に開館した天文台があります。

 

本館の特徴は、口径が103cmという反射望遠鏡・プラネタリウム・宿泊施設などがある日本国内でも屈指の公開天文台であり、「星まつり」や「月まつり」などのイベント・夜間観望会が実施されています。今回はこの佐治アストロパークの魅力について紹介してみましょう。

 

まず、一般の方が星の楽しめる望遠鏡として国内第8位の大きさである103p反射望遠鏡では、快晴の夜にさまざまな天体が観測できる天体観察会があります。月明かりがない時は特に、街の中では見られない、満天の星空を楽しむことができます!

 

望遠鏡画像

 

佐治の豊かな自然ならではの美しい星空に、大きな103pの望遠鏡が織りなす、美しくて迫力がある天体の生の姿を体験できます!なお、雨天や曇天の時はプラネタリウム室で現在見ごろの天体・星座等を紹介します。

 

天体は季節等によっても移り変わるので、いつも同じ天体が見れることはありません。逆に言えば、それが面白いということにもなりますよね。
佐治アストロパークのホームページではいつごろ・どんな天体が見れるかの表がありますから、そちらもチェックしてから、天体観察会に参加するのもよいでしょう。

 

もちろん、独自で望遠鏡を持参して天体観測を楽しむのもいいですね。

 

手軽に天体観測!望遠鏡はこちら「楽天」

 

プラネタリウムでは、前半に専門職員の「今夜の星空生解説」があり、後半にコンピュータ・グラフィックス等を使用した2部構成の番組があります。
前半は星空めぐり・旬な話題を、専門職員が生解説してくれます。星座は毎月ちょっとずつ変わっていき、4人の専門職員もそれぞれで内容が違う解説をしてくれます。
後半では季節ごとで違うデジタル映像で宇宙・星空を深く・わかりやすく解説するテーマ番組となります。ドームスクリーンに大きく広がる、迫力ある映像が楽しめます。 

 

天体や星に関する知識がないという方でも、存分に楽しんでいただけるよう専門の相談員が常駐しています。
また各種イベントや観測会も開催されているので、小さなお子様をつれての来場もおすすめです。
入場料は、大人300円、高校生以下無料と家族連れや学生に利用しやすい価格になっています。季節ごとに何度も足を運んでみるのもよいでしょう。

 

いつも目にしている夜空の星も、特大の反射望遠鏡で観察するとまるで違う姿を見せるものです。
鳥取市さじアストロパーク佐治天文台がきっかけで、天体観測が新しい趣味の1つに加わったという声も多く寄せられるほどに、素晴らしい体験になることでしょう。

 

 

メインはなんといっても、夜間に屋外での天体観測ですから、来場時間は夕方〜夜にかけてとなるので旅行プランの最終項目として織り込むとよいでしょう。

 

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

 

日中の来場には、プラネタリウムや星や宇宙に関する様々な商品を扱う売店もあるので充実したひと時となる事でしょう。

 

 

鳥取に観光に来た際は、雄大な自然ももちろんですが、星のロマンが楽しめる佐治アストロパークにも訪れてみるのは
いかがでしょうか。

 

電話

 

0858-89-1011

 

場所

 

鳥取県の鳥取市佐治町高山1071−1

関連ページ


スポンサーリンク