お土産は絶対!空港にもなった鬼太郎!水木しげるロードを楽しもう


スポンサーリンク

鬼太郎ロード・水木しげるロード

 

 

鬼太郎ロード画像

 

水木しげるロードがある境港市は、古くから天然の良港として、漁業を中心に栄えてきました。人口は約3万8千人。

 

市の主な産業は水産業、アジ・サバ・イワシといった多獲性魚のほか、夏場のクロマグロ水揚量・金額ともに全国有数の漁港です。

 

特に、ベニズワイガニは全国一の水揚げを誇っており、この水揚量の多さを背景に水産加工業の集積度が高い地域です。

 

商店街は、明治35年頃から、境港駅からお台場に通じる町筋に開店し、次第に店舗を増やしながら、本町商店街、松ヶ枝町商店街、銀座商店街、新道商店街の4商店街に発展し、商業の中心として繁栄してきました。

 

しかしながら、交通体系の変化、大型商店街の進出、消費者ニーズの多様化、商店主の高齢化など社会状況の変化により、昭和40年から50年をピークに売り上げが減少し、閉店する店舗が急増するなど商業機能の空洞化が危惧されていました。

 

このような状況の中、商店街活性化策の一つとして平成元年から「縁と文化のまちづくり」をテーマとして、人に優しく、人々に親しめる快適な街づくりを進めていました。

 

この事業の一環として境港市出身の著名人の方々からの提言がきっかけとなり、「鬼太郎」「妖怪」をキーワードとし、妖怪オブジェを商店街歩道に設置する「水木しげるロード構想」がまとまっていきました。

 


スポンサーリンク

鬼太郎ロードなんで作られの?

 

当初の計画は、観光客を対象としたものだけでなく、地域住民を商店街へ誘い込む事業として整備したものではあるが、いざ、ふたを開けてみると、そのユニークな発想がテレビ等マスコミに多く取り上げられ、その結果多くの観光客が訪れる県内でも有数の観光スポットへと育っていきました。

 

これも、ゲゲゲの鬼太郎を始めとする妖怪たちが、お年寄りの方から子供たちまで幅広い年齢層に受け入れられる証しであり、妖怪のブロンズ像を見て、触れることにより、それぞれストーリーが浮かんでくる、愛される存在であったからこそであります。

 

現在、市内には水木関連事業の集大成として、水木しげる氏が世界中から集めた妖怪コレクションや独自に制作したオブジェの展示など、妖怪の世界を展示や映像で紹介した「水木しげる記念館」や延長800メートルの商店街沿いに、妖怪ポケットパーク、ブロンズ像119体、レリーフ5基、絵タイル8枚を設置した「水木ワールド」が広がっており、年々銅像の数は増え続けています。現在、153体にまで増えました。

 

年間の観光入込客は85万5千人を超えています。水木しげるロードは記念館、妖怪トーテムポール、河童の泉、妖怪巨大壁画等見て楽しめる観光スポットの一つになっています。

話題の朝ドラ!

 

2008年NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」ので水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝を原案として放送されたドラマで鳥取県境港市も舞台となった。

 

以後、さらに水木しげるロードが有名になり、ますます観光客は増えていきました。

 

商店街では食事も楽しむことができます。

 

一反もめん焼きというイカ焼きやパン、鬼太郎ビール、おでん、飴などユニークな妖怪を楽しむことができる商店街になっていますよ。

 

商店街から20メートルほど歩くと水木しげる本人が命名したとされる鬼太郎茶屋があります。鬼太郎をモチーフにしたグッズが売られていたりします。

 

付近に駐車場はある?

台数制限はありますが、3か所駐車場があり全て有料になりますます。

 

事前に駐車場を予約することも出来ちゃいます!


 

 

駅前駐車場:普通車128台

 

大正町駐車場:普通車58台

 

日ノ出町駐車場:普通車75台

 

・入場から1時間まで30分まで毎に100円

 

・入場から1時間越えて1時間毎に100円

 

・入場から24時間ごとに600円

 

(3か所共通)

空港まで鬼太郎?!米子鬼太郎空港

 

米子にある空港は防衛省が管理しているため、航空自衛隊と民間航空機が利用する共同飛行場になっています。

 

通称は米子空港ですが、2010年4月より愛称は米子鬼太郎空港になっています。

 

国内線の航空会社はANAで就航地が東京国際航空で一日に6往復しています。

 

国際線の航空会社はANAとアシアナ航空で就航地が韓国の仁川国際航空(ソウル)です。

 

時期によって変わりますが一日に2〜3往復しており、飛行時間が2時間なので鳥取県は比較的気軽に海外旅行できる位置づけになっています。

top


スポンサーリンク