鳥取観光奥大山ブルーベリーファーム


スポンサーリンク

 

奥大山ブルーベリーファーム

 

 

 

奥大山ブルーベリーファーム画像

 

奥大山ブルーベリーファームは、国立公園大山と蒜山高原の中間地であり、標高約720mの緩やかな傾斜地の笠良原大地に位置するブルーベリー狩りの出来る農園です。

 

広大な敷地を誇り、園内をカートで移動するほどです。
開園期間の時期は毎年7月〜9月ごろです。正確な開園日は、事前に確認をしてゆきましょう。
園内では、時間制限なく摘み立てのブルーベリーの食べ放題を楽しむことができます。
この時期しかブルーベリー狩りができないので貴重な体験ですね。

 

入園料金は、大人800円、子供(小学生)500円、幼児・園児は入園無料です。
時間を気にすることなく、ブルーベリー狩りを楽しむことが出来るので、小さな子供を連れた旅行や観光にもおすすめの立ち寄り先です。

 

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

 

園内で摘み取ったブルーベリーは専用の容器で持ち帰ることも可能です。持ち帰りの場合、約400グラム入りで600円です。
持ち帰ったブルーベリーは新鮮なうちにジャムに加工しておくと、トーストにヨーグルトにと楽しむことができます。

 


スポンサーリンク

 

ブルーベリージャムレシピ

 

手作りジャム造りはとても簡単で、レシピは下記の通りです。

 

@ 材料は ブルーベリー 400g

 

砂糖100g(甘さ控えめです。甘めが良い場合は、砂糖を150gに増量しましょう)

 

レモン果汁小さじ一杯程度(お好みにより加減を)

 

A よく洗ったブルーベリーを皮つきのまま鍋に入れ、弱火で煮込みます。

 

ブルーベリーを煮詰め、形が崩れるまで煮込みます。

 

焦げてしまわないように、火加減には注意しましょう。

 

厚手の鍋を利用し、弱火で煮詰めます。

 

B ブルーベリーの形が崩れ、柔らかくなってから、砂糖を加えよく混ぜ合わせ、軽く煮込みます。

 

甘さを確認しながら、砂糖は少しずつ加えてゆきましょう。

 

C 砂糖が完全に溶けてから、レモン汁を加え、粗熱が取れるまでよく冷ましておきます。

 

酸味が苦手な場合は、レモンを入れずに冷ましておきましょう。

 

D 粗熱が取れたら、ビンに入れ完成です。

 

 

 

ブルーベリーの品種、熟し具合により砂糖の量や煮詰める時間を調整しましょう。
ブルーベリーは、栄養価の高いフルーツです。ジャムにすることで、毎日手軽に食べることが出来るので、ぜひ工夫を色々な料理にトッピングしてみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ


スポンサーリンク