鳥取はホタルイカの産地!旬、食べ方は?


スポンサーリンク

鳥取県産ホタルイカ

 

 

 

ほたるいか画像

 

 

 

食の宝庫と呼ばれる鳥取では「ほたるいか」も名産の一つで、毎年100トン程度水揚げされているほどです。他の産地に比べ、小ぶりなサイズが鳥取のほたるいかの特徴でもあります。
ほたるいかの旬は、4月前後で、透明に透き通っていることが新鮮さの目安です。
ほたるいかといえば刺身や酢味噌を付けたもの、さっと茹でたものという食べ方が一般的ですが、旬の時期になると産地の鳥取ではこの方法以外にも様々な工夫を凝らしてほたるいかを味わうことが出来ます。

 

鳥取の人気土産といえば、「生干し ホタルイカ」があげられます。その名の通り生のままのほたるいかを丁寧に干したものです。するめのようにそのまま食べるもよし、フライパンで軽くあぶると風味が増しさらにおいしくなると評判です。

 

ユニークな土産としては「ほたるいかせんべい」も人気です。
ほたるいか1匹をそのままでせんべいに焼き上げた一品は、何とも美味でくせになると評判です。エビなどのせんべいは全国いたるところでみかけますが、ほたるいかは産地ならではといえるでしょう。様々なほたるいかの食べ方があるので楽しんで味わえます。

 


スポンサーリンク

 

 

家庭でほたるいかを楽しむ食べ方の場合におすすめのレシピは、

 

 

ほたるいかの炊き込みご飯

 

 

 

小ぶりなほたるいかだからこそのおすすめ簡単レシピです。

 

ほたるいかはしっかりと水洗いし、目、軟骨、くちばしを外す。

 

炊飯器に白米、お好みの調味料(酒、みりん、しょうゆ、しょうがなど)を入れ、ほたるいかと一緒に炊き上げます。

 

炊飯器の調理時間は通常の白米の際と同じ設定です。

 

簡単に炊き込みご飯が出来るので、忙しい主婦に人気のレシピです。

 

 

 

 

 

 

・ホタルイカと緑黄色野菜のソテー

 

 

ほたるいかはしっかりと水洗いし、目、軟骨、くちばしを外す。

 

フライパンで先にほたるいかを炒めます。

 

お好みの野菜を加えます(小松菜、ホウレンソウ、青梗菜、アスパラなどお好みで)

 

バター醤油で味を調え出来上がりです。

 

味の付きやすいほたるいかは、野菜と一緒に炒めヘルシーな一品の感性です。

 

 

この他にも天ぷらにしてもおいしいと評判ですので、ぜひご家庭で作ってみてはいかがでしょうか。

関連ページ


スポンサーリンク