2016大阪観光天神祭り花火を船で楽しもう!


スポンサーリンク

天神祭り船上花火

 

 

 

天神祭り船上花火画像

 

大阪観光の際に観ておきたいイベントが「天神祭り」の花火大会です。
天神祭りのクライマックス、夏も本番になった2016年7月25日に、大阪市北区・桜之宮公園グランド・川崎公園(造幣局横)において約5000本の綺麗な花火が打ち上げられるイベントで、現在大変人気となっています。、大川に100隻もの船が繰り出され、そのかがり火と花火の織り成す姿が幻想的なんです。しかも「天神際り」は日本三大祭りのひとつだということをご存知でしたか?

 

19:00から開始される花火のオープニングでは、天神様の菅原道真公にちなみ、梅鉢形のオリジナル花火「紅梅」が打ち上げられます。この花火はこの花火大会でしかみられない花火なのでレアものですね。

 

ちなみに、同じ大阪の高槻市では、
2月25日・26日の2日間に、JR高槻駅北ロータリー〜上宮天満宮までを会場として、天神まつりが開催されます。

 

さて、天神祭りの花火をもっと楽しく、風流に楽しめる方法があります。それは「船上で楽しむ」ということです。
ただでさえ綺麗な花火を、船に揺られてみたらさぞかし楽しいだろうなあと思いませんか?
ここでは天神祭りの花火を船で楽しむ方法について紹介します。

 

「天神祭 船渡御 御金幣船」では、
頭上に豪快に打ち上げられる奉納花火、大川をゆったりと行き交う船たちで賑やかに交わされる「大阪締め」など、
船渡御ならでというライブ感あふれる雰囲気に浸ることができます。
日時は2016年7月25日、4時〜4時半受付(時間厳守)17:00出航し、20:45ごろ下船予定で、気になるお値段のほうは35000円となっています。

 

さらに、うなぎ弁当・お飲物・講社の半纏・祝い箸・手ぬぐいなどが支給されるそうです!

 


スポンサーリンク

 

うなぎ弁当はおいしそうですねえ☆うなぎを食べながら花火なんていいですね!

 

しかもドリンクに限りはありますが飲み放題も!
値段はけっこう高めですが、やはりその分楽しめます。

 

申し込みお問合せは協同組合 大阪府旅行業協会(OATA)まで
電話番号06-6643-8800

 

乗船したお客様は「来年もぜひ乗船したい」との声が多くあって、非常に人気です。
2016年の天神祭には、船渡御にぜひご乗船してはいかがでしょうか。

 

最後にひとつ注意しておきたいポイントがひとつあります。それは、この花火大会は、荒天の場合は中止となり、順延は
ないということですので、雨などで天候が悪ければその年は見ることができないということを覚えておきましょう!

 

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

 



 

 

 

 

関連ページ


スポンサーリンク