島根観光2016松江水郷祭-穴場・交通規制情報


スポンサーリンク

松江水郷祭穴場スポット交通規制情報

 

 

 

松江水郷祭画像

 

島根県の松江市で毎年行われている「水郷際」は、西日本最大級の打ち上げ本数である10000発が
上がる花火大会などがあって盛り上がりを見せています。夏場の島根観光ではぜひ訪れたいですよね。

 

今年の水郷際の花火大会は、7月29〜7月31日までの3日間ある水郷際の内、真ん中の7月30日のみとなっているので見逃せませんね!

 

しかし花火大会の難点は、「人ごみがすごい」ことや「交通規制」などがあることですよね。
実際に、水郷際だけでなくこのような花火大会には行きたいんだけど、人ごみや交通規制があるので行けない…
という人もいるんじゃないでしょうか。

 

そこで、ここでは水郷際花火大会の穴場スポットや交通規制情報などを紹介しましょう。
水郷際に行くときの参考にしてみてください。

 


スポンサーリンク

 

まず、水郷際花火大会の穴場スポットですが、この花火大会では宍道湖の湖上から花火が上がりますが、「宍道湖大橋」からはまわりに高い障害物がないため、最高の花火鑑賞ができるスポットとなります。

 

「岸公園・県立美術館」はなだらかな傾斜があるので花火鑑賞のスポットでしょう。
「袖師公園」も宍道湖に面していますが、すこし離れているので人ごみも少ないのでゆっくりと花火が観られます。

 

さらに、湖南中学校グラウンド・NEXCO跡地の臨時有料駐車場や、会場の近くのイオンの松江ショッピングセンターの駐車場を、
花火鑑賞スポットにする人もいるそうです。混雑が予想されるので少なくても昼の3時くらいに着いておくとよいでしょう。

 

水郷際の花火を鑑賞できるホテルや旅館を紹介します。
「野津旅館」は松江駅から徒歩500mにある落ち着いた旅館です。

 

「松江しんじ湖温泉 松江シティホテル別館」
は女性やカップルにもおすすめなおしゃれなホテルで、ここからも花火が鑑賞できます。

 

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

 



 

 

交通規制ですが、当日は早朝7時より段階的に交通規制されて、19時までには宍道湖大橋や、その周辺の道路が車両通行止めになって、23時くらいまで交通規制があるので注意してください。


スポンサーリンク