島根観光松江ホーランエンヤ


スポンサーリンク

松江ホーランエンヤ

 

 

 

松江ホーランエンヤ画像

 

島根に観光した際は、松江市で12年に一度開催されるというお祭りである、「ホーランエンヤ」を観ていくのはいかが
でしょうか。

 

しかも、12年に一度という、とてつもなく間隔のお祭りですから、毎年行うお祭りとはレア度が違いますね!
12年と言えば一昔前になりますからねえ〜。こんな長い間隔のあるお祭りってご存知でしたか?

 

この松江市のホーランエンヤというお祭りは、1648年の慶安元年、出雲国の大きな凶作から、
松江藩主・松平直政が城山稲荷神社にある御神体を、船で阿太加夜神社まで運んで五穀豊穣を祈ったことが起源とされています。

 

約100隻の船が大橋川・意宇川を渡る豪華絢爛な大船行列で、360年の歴史があり、
宮島の管絃祭と大阪天満の天神祭に並んで、日本三大船神事のひとつという、全国で最大規模の船祭りとなります。

 

9日間の神幸祭のハイライトは、「渡御祭」「中日祭」「還御祭」です。渡御祭・還御祭は、
五大地という人々がカラフルに装飾した櫂伝馬船に乗って、松江市の民俗文化財である「櫂伝馬踊り」を披露します。

 

ちなみに前回のホーラエンヤは2009年に行われています。ですので、次回観れる機会があるのはまだ先になりますね。
2007年〜2011年の間の松江市は「松江開府400年祭」が行われていましたが、2009年のホーランエンヤはその中心イベントのひとつでした。

 


スポンサーリンク

 

ホーランエンヤの日程や場所についてですが、
前回の日程は、開始時刻は午前9時30分頃

 

5月16日・渡御祭

 

20日・中日祭

 

24日・還御祭

 

で、3日間行われました。

 

場所は島根県松江市殿町城山449-2で行われます。
参加はできませんが、見学はすることができて、前回は18万人の観客が訪れたそうです。

 

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

 



 

 

また、この貴重なお祭りであるホーランエンヤの伝承館が、島根県松江市殿町250にあります。

 

松江市のホーランエンヤは360年の歴史をもつお祭りで、その船行列・櫂伝馬踊りが市の財産なので、
この伝承館ではホーランエンヤの起源や歴史を展示して、子ども達に伝承していき、ホーランエンヤを全国に伝える拠点となります。

関連ページ


スポンサーリンク